薬で治す歯周病

歯周病

~歯周内科治療とは~

  • 歯肉から血が出る
  • 歯肉が赤く、腫れている
  • 口臭が気になる
  • 朝起きると口の中がネバネバしている
  • 歯がグラグラする

これらはすべて歯周病のサイン。

「歯周病」は日本の成人の約8割が罹患しているといわれる細菌による感染症です。
放置しておくと口腔内の問題に止まらず、心臓病や糖尿病、脳梗塞や認知症などの全身疾患の要因なるともいわれています。

従来の歯周病治療では、ブラッシングや歯石取りの処置、歯肉を切り開いての外科治療を組み合わせ、半年から1年という長い期間をかけてようやく歯周病の改善を図るというものでした。
しかし、それでは時間がかかってしまう。もっと早く目に見える改善を得たい。
そんな方には歯周内科治療をおすすめします。

歯周内科治療とは?

位相差顕微鏡やリアルタイムPCR検査での菌及び菌叢の検査後に行う、抗菌剤及び抗真菌剤を用いた内科的治療法をいいます。
簡単に言うと、歯周病の原因となる細菌とカビを薬で除菌しよう!というものです。

STEP1 細菌検査

口腔内のプラーク(歯垢)を採取し、位相差顕微鏡で観察します。
顕微鏡で見ることにより、歯周病菌の存在、量を確認できます。
(ご本人にも一緒に確認していただきます。)
さらにPCR検査を用いて歯周病菌のDNA検査を行うことも可能です。

STEP2 薬の処方

細菌検査を行った診断結果をもとに必要に応じてお薬を処方します。
使用するお薬は、歯周病菌に有効な抗菌薬と歯磨剤としてカビを除菌するお薬を処方します。

STEP3 歯石取り

投薬後1週間で歯周病菌が減ったかどうかを再度、位相差顕微鏡を使用して確認します。
改善が確認されたのち(約9割程度の方の改善が実証されています)、歯周ポケット検査を行い、歯石取りを行います。(歯周病の進行具合、歯石の付着量によっては回数が異なります)

STEP4 メンテナンス

歯周ポケット検査を再度行い、改善を確認します。
改善された状態を維持するために定期健診をおすすめします。

目に見える歯肉の変化、息が変わる爽快感
ぜひ体感してください

国際歯周内科学研究会より

タイトルとURLをコピーしました