失ってしまった歯の治療法

 

普通の入れ歯

保険適用なため、比較的安価で出来る。
部分的な入れ歯の場合、他の歯にも負担を掛けることが多い。
作製するための材料が決められているため、合わない義歯が出来る。
6ヵ月は作り直しが出来ない。

 

スマイルデンチャー

審美性を重視して作られているため外出用として持っている方が多い。
保健の入れ歯と違って、入れ歯自体が柔軟性を持っているため失っている歯が多ければ多いほど、噛んだ時のゆがみやたわみが気になることが多い。
バネの代わりに歯茎を覆う部分が多くなるので歯周組織に影響を与える場合がある。

 

ミラクルデンチャー

 

ミラクルデンチャー

 

残っている歯が1本あれば出来る。
グラグラして今にも抜けそうな歯にでも作れる入れ歯。
残っている歯と一体化するため固いものでも噛むことが出来る。
見た目も金属がないためとても綺麗。
また歯茎を覆う部分も少ないので歯周組織が影響を受けにくく、違和感が少ない。