詰め物の治療に使用する素材

 

セラミック・ゴールドは保険適用外です。
セラミック・ゴールドの治療費は医療費控除の対象です。
セラミックは極度の衝撃により割れることがあります。

 

セラミック素材

お皿に使う陶材を歯科用に加工したもので、色が白く、大変美しく仕上がります。

 

ゴールド素材

多少目立ちますが、とても適合が良く、虫歯が再発しにくい素材です。

 

銀歯素材

健康保険が適用できます。虫歯の再発や金属アレルギーの危険性が高くなります。

 

違い 1

美しさを求めるなら断然セラミック!!白くて自然な美しさ
ちいさな詰め物でも、大きく口を開けて笑うとついつい見えてしまうもの。
その点、セラミックは白く美しいため、周りの人に気づかれることもほとんどありません。
美しさなら断然セラミック

 

違い 2

2次虫歯になりにくいゴールド!!
再発のリスク
つめものは、歯との隙間にプラークがたまりやすく、虫歯が再発することも(2次虫歯)。
このリスクが最も少ないのがゴールド。
適度な軟らかさがあり、隙間もピッタリ。
セラミックも特別な接着剤を使うので、2次虫歯の危険が少なくなっています。
ゴールドなら隙間もピッタリ!!

 

違い 3

セラミック・ゴールドなら身体に安全!!
金属アレルギー
歯科用の金属は少しずつ溶け出して、金属アレルギーの原因になることも。
セラミックは金属を一切使っていないので、とても安心。
またゴールドも金属アレルギーになりにくい素材です。
ゴールドは酸に溶けにくい金属です!!