三戸そして青森地域のかかりつけ歯科医として、また良きアドバイザーとして、愛される医院を目指してまいります。

クラスB

クラスB

クラスBオートクレーブ

ヨーロッパの基準EN13060に準じたオートクレーブのことを表します。
EN13060とは
「あらゆる種類の滅菌物(固形、包装、多孔性、中空のある物)を完全に滅菌できる」
と定義されています。
滅菌前に真空と蒸気の注入を交互に繰り返し(パルス真空)中空の滅菌物内部のすみずみまで蒸気を行き渡らせます。

ダック

歯科の治療では、出血を伴う処置があります。
治療に使用後の歯科用ハンドピースには様々な病原細菌やウイルスが存在している可能性がありますので他の器具類と同様に滅菌をきちんと行う必要があります。
その他にも、従来は薬液消毒のみで滅菌が困難だったプラスチックも滅菌出来るガス滅菌器など、患者様のお口の中に入る物はすべて滅菌しております。

歯科感染管理者

≪医療器材の洗浄・消毒・滅菌について≫
洗浄とは … 対象物からあらゆる異物(汚染・有機物など)を除去すること(表面の付着物を洗い、すすぐこと)。
消毒とは … 対象物から細菌芽胞を除くすべて、または多数の微生物を除去すること(必ずしもすべての微生物の殺滅ではない)。
滅菌とは … 微生物をすべて完全に除去、あるいは殺滅すること(無菌性保証水準は10-6レベルであること)。
使用済器材の再処理方法は感染性の有無に関係なく、使用目的と使用部位に対する感染の危険度に応じて分類されます。
下記、スポルディングの分類では危険度に応じて、医療器材をクリティカル、セミクリティカル、ノンクリティカルの3つのカテゴリーに分類し、適切な消毒・滅菌方法を提示しています

≪医療器材の再処理の重要性≫
正しい再処理方法を理解して、日々の医療器材のメインテナンス(洗浄・消毒・滅菌・保管)を行うことは院内感染予防のためにとても重要です。
特に下記事項の予防・防止になります。
〇患者や医療従事者の交差感染を予防する。
〇器材の破損、腐食、変色や精度・機能低下を防止する。
当院では、日本アジア口腔保健支援機構が認定している
『第二種歯科感染管理者』が、安全に治療が受けられるように責任を持って滅菌を行っております。

 

Copyright© バイオインプラントセンター 北村歯科医院 , 2018 All Rights Reserved.